手術を受ける前の不安を解消!包茎治療の心構え

By | 2015年5月28日

手術後の痛みが起きる前に痛み止めを飲む

包茎治療の手術中には、麻酔を使ってもらえるので痛みを感じないのは当然ですよね。しかし手術後に直ぐに麻酔が切れて、痛みに苦しまされるのではないかと不安な方も居るかもしれません。そういう不安を解消する為に知っておいてほしいのが、包茎治療の手術を行う医師の方々は、痛み止めの薬を飲むタイミングを指導してくれるという点です。麻酔が切れると同時に痛み止めの効果が発揮される様に、痛み止めを服用する適切なタイミングを教えてくれるからこそ苦痛に悩まされる事もありませんよ。

包茎治療の手術直後の陰茎の見た目の綺麗さ

包皮を大量にカットする事になるのだから、包茎治療を受けた直後の陰茎はグロテスクな見た目をしているものと思われがちです。しかし実際に包茎治療を利用した方々の多くは、ここまで手術跡が綺麗なものだと思わなかったと言われています。手術中の出血なども綺麗に拭き取ってもらえるだけでなく、傷口の縫合も綺麗に行っているからこその綺麗さを感じられるのです。このまま傷口が完治すれば、間違いなく綺麗な陰茎に仕上がると期待をさせてもらえますから、安心して手術を受けてみましょう。

十分な量のガーゼを手渡してもらえます

手術を終えた後のケアというのは自宅で行う事になるものですけれど、そのケアに必要になるガーゼなどはセットで十分な量を手渡してもらえます。だからこそガーゼが不足したせいでケアが行えずに、病原菌が繁殖して困ったという事にもなりにくいですよ。上手なガーゼの取り替え方なども指導してもらえますから、自分は手先が不器用だという方でも安心して手術後のケアを行えることでしょう。傷口の治りを早くする為のケアを上手に行える事で、特に不安も無く完治を待っていられますよ。

包茎とは男性のおちおちんの皮がむけずにおちんちんを覆っている状態の事をいいます。真性と仮性があります。