Monthly Archives: 5月 2015

物流のポイントは温度管理!生鮮食品等の鮮度を守る

物流における運送と保管におけるポイント

物流の守備範囲は実に広いと言われてます。製品や商品の出荷と密接に関わっているため梱包作業も物流の仕事の一部となることがあります。さらに、輸送を待っている間には商品の保存状態を保つことが求められることがありますのでそれも物流の大切な要素です。当然、早く正確に輸送するということも物流の中心業務でしょう。その中でも、他社との差別化を図る上では、商品の保存に焦点を当てて経営を考えてみると強みを磨くヒントが得られるかもしれません。

運送中と保管中の温度管理

商品の保存という点に焦点を当てた場合、二つのポイントがあるでしょう。荷崩れを防いだり緩衝材を用いたりすることで商品の形状を物理的に守るという保存と鮮度を保つために温度や湿度をしっかり管理するというポイントです。これは倉庫で保存している間にも当然言えることですが、輸送中にも当てはまるポイントです。ここで他社と差をつけいい保存状態を保つ物流サービスを提供できれば、仕事が増えてくることに繋がっていくでしょう。

温度管理によって鮮度を保ち物流の価値を高める

特に商品保存の温度管理のサービスレベルを向上することによって生鮮食品の物流に強みを発揮することができるでしょう。肉や魚、野菜といった生鮮食品は、鮮度が命です。せっかく物流業者に引き渡すまで徹底した鮮度管理を行っていたとしても、運送業者の保管中や運送中の温度管理が適切でなければ商品価値が下がってしまいます。ここでしっかり温度管理ができれば顧客の満足度は大きく向上することでしょう。物流業者としては、鮮度管理のための温度管理に注力することは有効な経営戦略になるのではないでしょうか。

パレットを利用することで、多くの物をまとめて移動させることができ、物流現場における効率化に役立ちます。