Monthly Archives: 8月 2015

うつ病の症状は「憂鬱感」だけではありません。

食欲低下の場合もあれば、食欲亢進の例もあり。

うつ病の症状は複雑です。一般的には憂鬱感や倦怠感を訴える人が多いですが、それだけが症状ではありません。うつ病にかかると、脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が不足した状態になります。この結果、食欲が低下し、これまで美味しく思えたメニューが美味しく感じられなる場合があります。しかしながら逆に、セロトニンの不足は、脳が「もっと活動したい」というシグナルを喚起する場合があってこの場合には食欲が亢進し、特に、甘いものをたくさん食べたくなります。

うつ不眠には抗鬱剤の処方が必要

また、うつ病にかかりますと、夜の寝付きが悪い、眠りが浅い、朝早くに目が覚めてしまうなど、睡眠障害の症状が出る場合があります。睡眠障害は不眠だけではありません。過度に眠り込んで睡眠時間が一日の大半を占めるようなケースや、昼夜を問わず一日中眠気を訴えるケースもあります。これらの原因にうつ病がある場合には、睡眠導入剤の処方を受けるだけでなく、抗鬱剤を利用してうつ病の症状を改善しないと、睡眠障害は治癒しません。

まず第一は環境の改善、第二に休息、第三に服薬

うつ病といえば、今は優れた治療薬が多数発表されているため、まず薬の処方を受けようと考える患者さんが多いのは事実です。しかしながら、うつ病の本当の改善のためには、うつ病を引き起こすに至った環境、特に職場環境や生活環境を改善しなければなりません。同時に、うつ病にかかってしまったら十分な休息が必要です。身体的な休息だけでなく脳の休息が重要で、うつ病の患者さんには、あまり物事を判断させるような場面を持って行かないことも大切です。以上のような手当を行った上で、第三の対処として抗鬱剤の服薬が有効となります。逆に、いくら薬を飲んでみても、休息が不十分であったり、環境の改善が出来ない場合には、うつ病が長引く可能性があります。

うつ病の症状はいつも出ているとは限らず、また人が見て簡単に判断できるものではないところが、周囲の理解を得難い要因の一つです。

誰であろうと有名人になるチャンスは与えられている

そもそも有名人になるためには

有名人になりたいと目標を掲げたところで、何をもって有名となるかによって手段が大きく異なってきます。例えば歌手や演劇などの芸能活動で名前を広げたい、あるいは政治家、あるいは作家など職業ごとにその道の有名人というものはいるものです。一芸に秀でていたり、優れた功績や実績を上げた人が有名になりやすく、つまりは個々人の努力が世間に認められることによって、有名人になるともいえるでしょう。他にも手段は数えきれないほどあります。

誰であろうとも有名人になれる

有名人になれる可能性は誰にでもあります。そのきっかけは日常のあらゆる場所に用意されており、思いもよらない方法で有名になる場合もあるのです。時に本人の希望とは無関係に名前が広がってしまう場合もあります。有名人になることを自ら希望して行動をするならば、並々ならぬ努力が必要です。地道に活動を続けながらも、テレビやラジオなどに自らを売り込むことも必要になることもあります。そしてこうした努力は必ずしも報われるわけではありません。

インターネットというメディア

インターネットが普及することによって、誰でも不特定多数を対象に情報を発信することができるようになりました。ブログやSNS、無料の動画配信サイトなど手段は様々です。こうした場を利用して自分が持つスキルや知識を活かしてコンテンツを配信することで人気が上がり、本を出版したりテレビに出演したりと、活躍の場が広がることも珍しくありません。有名人になるためのハードルが下がったともいえるのですが、それでも人気のあるコンテンツを配信するのは大変な作業であるといえます。

山本英俊は愛知県名古屋市出身の1955年産まれ。パチンコ機器卸会社の会長であり、競走馬の馬主であり、タレントの山本優希の父です。